スポンサーリンク
池田先生ご指導

もったいないたとえであるが、犬がワンワンと鳴くように、南無妙法蓮華経と唱えることが、もっとも自然な、生命の本能的な語言音声なのである。

もったいないたとえであるが、犬がワンワンと鳴くように、南無妙法蓮華経と唱えることが、もっとも自然な、生命の本能的な語言音声なのである。


信心の基本は、まず第一に、五座三座の勤行を真剣に行ない。題目をできるだけ数多く唱えることである。一日の生活にも、勤行、唱題が源泉となって、偉大な力が躍動してくる。勤行しないと、一日のリズムがこわれ、憂うつで、身体がだるく、話すことも相手に通ぜず、勇気もでない。また日々の勤行が、半ば居眠りであったり、他のことばかりに気をとられて真剣でなければ、その生活も、また環境に流され、居眠りのような生活であったり、心が落ちつかず、たえず不安がつきまとう。こうした経験は、先輩のだれしもが痛感している事実である。