スポンサーリンク
本日の御書

本日の御書 生と死と二つの理は生死の夢の理なり妄想なり顛倒なり本覚の寤を以て我が心性を糾せば生ず可き始めも無きが故に死す可き終りも無し既に生死を離れたる心法に非ずや、

【御書本文】
生と死と二つの理は生死の夢の理なり妄想なり顛倒なり本覚の寤を以て我が心性を糾せば生ず可き始めも無きが故に死す可き終りも無し既に生死を離れたる心法に非ずや、劫火にも焼けず水災にも朽ちず剣刀にも切られず弓箭にも射られず芥子の中に入るれども芥子も広からず心法も縮まらず虚空の中に満つれども虚空も広からず心法も狭からず(三世諸仏総勘文教相廃立p563)

【通解】
生と死というものは、九界の迷いのなか、あたかも夢の中での立て分けなのであり、それは凡夫の迷った、ひっくりかえった考えなのです。仏の覚めた悟りから生命を究明していけば、生まれてくる初めもなく、したがって死んでいく終りもないのです。
いわゆる生死というものからは超越しているのが生命です。ですから、生命そのものは人間世界が破滅するとき起こる大火ににも焼けず、どんな水害にも滅びません。また刀でも切ることができず、弓矢でいることもできません。さらに生命というのものは、極めて小さいケシのなかに入れてもケシが広がるのでもなく、生命が縮まるというものでもありません。大空に満ちわたらせても、大空が広すぎるということもなく、生命が狭すぎるというものでもないのです。

【先生の御指導から】
生と死、また健康といった問題に、信仰者として無関心でいるわけにはいかない。病に苦しみ、死を間近に感じている人はあまりにも多い。また、妙法を持った同志のなかにも、病にふしている人も少なくないのが現実である。生死の真の解決のためには、確かな死生観、人生観を確立することこそ急務である。ゆえに、現代のさまざまな問題に対し、深き仏法の視点から光を当て、本質的な解決への緒(いとぐち)を少しでも提示できればと、考えている。

  1. たかちやん より:

    牧口常三郎
    戸田城聖
    池田大作