池田先生ご指導

日蓮大聖人門下の、南無妙法蓮華経と唱え奉る者はこれ以上はないという宝の集まりを求めることなく、自ずから得た長者なのである。

日蓮大聖人門下の、南無妙法蓮華経と唱え奉る者はこれ以上はないという宝の集まりを求めることなく、自ずから得た長者なのである。
ゆえに、この大法を持った皆さま方は、すでにどんな大富豪よりも豊かな「生命の大長者」なのである。
この世のいかなる富も死後まで持っていくことはできない。しかし「生命の大長者」は
、宇宙大の財宝を自由に使いながら、永遠に「幸」の旅行をしていける。それが人生の勝利者の証なのである。福運を積むために、労苦の仏道修行はある。しかし、福運は、積まれると、あふれるように出てくるものである。
それは、いったん宝の箱を開けることができれば、そこから無量の宝物を取り出せることにも似ている。
ゆえに絶対退転してはならない。魔に負けてはならない。それは「仏種」という「福徳のなる木」を失い、自ら破壊することになる。


組織の眼だけではなく、常に信心の眼で人を見なければならない。特に役職は高くなくとも、また役職はなくとも、本当にまじめな信心の方がおられる。その方々を尊び、心からたたえ、励まし、守っていく心が、自分自身の信心の証であることを忘れてはならない。常に弱者の味方たれ。傲慢とは、どこまでも戦い抜いていかなければならない。

Translate »