池田先生ご指導

団結の鍵は何か。それは、一見、矛盾するようであるが、自らが「一人立つ」ことである。自分が真剣に祈り、強くなることだ。

大阪 常勝の歴史を共に

来る日も、来る日も、
同志の笑顔のため、
地域の人々の喜びのため、
わが地涌の勇者の皆さま方は走り、
語り続けている。
いかなる高位の人よりも、
有名人や権勢の人よりも、
遥かに偉大な人間王者であり、
幸福と平和の博士である。

広布のためならば、
どこへでも駆けつけよ!
懸命に難関に挑み、
苦闘する友と一緒に立て!
激戦の地で新たな波動を起こせ!
創価学会には、
この真心のネットワークで結ばれた
強固な団結がある。
だから強い。だから負けない。

団結の鍵は何か。それは、
一見、矛盾するようであるが、
自らが「一人立つ」ことである。
自分が真剣に祈り、強くなることだ。
「誰かがやるだろう」と、
安易に考えている限り、
どこまでいっても、
真の団結を築くことはできない。

広宣流布の城に、
必要のない人など、一人もいない。
皆が「宝の人材」である。
誰もが、なくてはならない存在だ。
その一人一人を
真心から大切にしていく
積み重ねによってこそ、
難攻不落の大城が出来上がるのだ。

励ましの大地に、仏縁の拡大、
友好の拡大、青年の拡大、
人材の拡大の爛漫たる花を!
そのための要諦は何だろうか。
それは第一に「祈り」の拡大である。
第二に自身の「境涯」の拡大である。
そして第三に「勇気」の拡大である。
「祈り」「境涯」「勇気」――
この三つの拡大を通して、
わが人生と地域と世界の新時代を、
朗らかに邁進していこう!

コメント