1 2 3 4 142
一つの組織においても、反対の意見を出す者がなければその組織は発展しない。故に諸君は幹部となっても自分と反対の意見を述べる人を努めて大切に扱うようにしていきなさい。

一つの組織においても、反対の意見を出す者がなければその組織は発展しない。故に諸君は幹部となっても自分と反対の意見を述べる人を努めて大切に扱うようにしていきなさい。

「祈り」とは、観念ではありません。燃え上がる生命の勝利の炎です。この一念があれば、祈った瞬間、生命はすでに勝っている。

「祈り」とは、観念ではありません。燃え上がる生命の勝利の炎です。この一念があれば、祈った瞬間、生命はすでに勝っている。

どんなことも、遠慮なく祈るのだ。広宣流布への願いは、大きいほどよい。

どんなことも、遠慮なく祈るのだ。広宣流布への願いは、大きいほどよい。

学会の組織についていろいろ問題があるというけれども根本の一切の原因は勤行そのものである。 本当に勤行をし、実践した人は、学会を築いて来た人達の悩みと苦しみを自然にわかってくるものだ。

学会の組織についていろいろ問題があるというけれども根本の一切の原因は勤行そのものである。 本当に勤行をし、実践した人は、学会を築いて来た人達の悩みと苦しみを自然にわかってくるものだ。

すると宇宙生命と自分の生命が融合して、素晴らしい境涯をどんどん作り出してくれるのです。だから、願い事を順番に書いたら、その立派な家の写真も切り取って、その上に自分や家族の写真を貼って、絶対にこういう境涯になろうと強く思って題目を上げるのです。

すると宇宙生命と自分の生命が融合して、素晴らしい境涯をどんどん作り出してくれるのです。だから、願い事を順番に書いたら、その立派な家の写真も切り取って、その上に自分や家族の写真を貼って、絶対にこういう境涯になろうと強く思って題目を上げるのです。

顔が変わるぐらい祈るんです。命の底から、本気になって題目をあげるんです。そうでないと何も残らない。魔が破れないで、いくらやっても空転である。

顔が変わるぐらい祈るんです。命の底から、本気になって題目をあげるんです。そうでないと何も残らない。魔が破れないで、いくらやっても空転である。

人の目はいくらでもごまかすことはできる。自分の奥底の一念というものは、他の人にはわからない。しかし、生命の厳たる因果の理法だけはごまかせない。

人の目はいくらでもごまかすことはできる。自分の奥底の一念というものは、他の人にはわからない。しかし、生命の厳たる因果の理法だけはごまかせない。

入会という成果をもって折伏が完結するのではなく、幸福と勝利という結果を出すまでが折伏です。つまりは「人材育成」であります。

入会という成果をもって折伏が完結するのではなく、幸福と勝利という結果を出すまでが折伏です。つまりは「人材育成」であります。

自分の小さな「エゴ」を中心とするのでなく、宇宙の根本の「法則」にのっとって、命を燃やし、人々のため、社会のために行動していくとき、わが「生命の鏡」は磨かれ、光っていきます。

自分の小さな「エゴ」を中心とするのでなく、宇宙の根本の「法則」にのっとって、命を燃やし、人々のため、社会のために行動していくとき、わが「生命の鏡」は磨かれ、光っていきます。

目には見えないが、この地球を動かしている力がある。月を動かし、太陽を動かし、銀河を動かし、星々を誕生させ、死滅させ、また誕生させている「大いなる力」がある。

それに対し、仏法は、物心のあらゆる法の根本にある「生命の大法」を探究し、発見したのです。それが「妙法」です。

御本尊の功徳は生命力が絶対的に旺盛になるということである。生命力が旺盛であれば、悩みだ、苦しみだ、貧乏だなどと、色んな愚癡をいう世界が、明るい楽しい世界に変わる。

戸田先生は厳命された。 「創価学会に派閥をつくるな。派閥を作らせてはならない。作ろうとする人間は学会から出しなさい。

十年先に想像もつかない実証ができる。今の何十倍何百倍の革命ができると確信してもらいたい。想像もつかない功徳を受けます。

小さな火が次から次へと枯れ草を燃やし尽くしていくように、一切の悩みや不安や過ちが燃え尽きていくのです。自行化他の唱題の火で解決していく信心の挑戦をやめなければいつしか根深い宿業も燃え尽き、

題目は宇宙のあらゆる仏界を呼び起こす合言葉といえる。唱題することで自分でも気づいていない本当の自分の力を湧き立たせていくことができるのです。

妙法のリズムと周波数が合う。だから悠々と行き詰まらない力が湧いてくる。大宇宙に闊歩していく自在の大生命となる。

無明は心の迷いですから自分の心の中で戦わなければならない。「戦う題目」です。疑い、不安等の種々の形で無明は現れてくる。

自身の生命を妙法に染めあげるのです。 自身の生命を妙法で固めるのです。

信心とは、いうなれば、信心とは、まさしく、

1 2 3 4 142