1 2 3 4 138
ストレスがあるということは、変化に直面しているということ。バネは圧迫を受けて縮んだ後、大きく跳ね上がる。

ストレスがあるということは、変化に直面しているということ。バネは圧迫を受けて縮んだ後、大きく跳ね上がる。

三類の強敵と戦い抜いた生涯は、ありとあらゆる諸天善神に擁護されながら、常寂光の仏国土に至る。

三類の強敵と戦い抜いた生涯は、ありとあらゆる諸天善神に擁護されながら、常寂光の仏国土に至る。

打って出て、「人のため」に行動する時、 自分自身の生命の泉も蘇生していくのである。

打って出て、「人のため」に行動する時、 自分自身の生命の泉も蘇生していくのである。

「信心」とは、いわばこの「冥の照覧」を信じ切ることと言えるでしょう。 私も、それを信じて、人の知らないところで戦ってきました。

「信心」とは、いわばこの「冥の照覧」を信じ切ることと言えるでしょう。 私も、それを信じて、人の知らないところで戦ってきました。

題目の功力は、宿業を転換し、福徳を呼び起こす。この真実にして甚深なる妙法を信受して進むのだ。真剣に唱題し抜いた人は、いかなる苦難があっても、最後は必ず勝つ。

題目の功力は、宿業を転換し、福徳を呼び起こす。この真実にして甚深なる妙法を信受して進むのだ。真剣に唱題し抜いた人は、いかなる苦難があっても、最後は必ず勝つ。

仏法の力を教えるというのは、たとえば、千年も前に、原子力のことを教えたり、ラジオやテレビのことを説明するようなものなんです。だから、一生懸命に話をしても、なかなかわからないかもしれない

仏法の力を教えるというのは、たとえば、千年も前に、原子力のことを教えたり、ラジオやテレビのことを説明するようなものなんです。だから、一生懸命に話をしても、なかなかわからないかもしれない

つまり、日々の学会活動はもとより、毎日、毎日の生活の姿や行動が、すべて妙法の種子を植えていく大切な作業であるということを、自覚していただきたい。

つまり、日々の学会活動はもとより、毎日、毎日の生活の姿や行動が、すべて妙法の種子を植えていく大切な作業であるということを、自覚していただきたい。

最高幹都ならば、結果を出すことだ。「さすがだ」「立派だ」といわれる模範を示すことだ。そして、第一線の同志を守っていくのである。

最高幹都ならば、結果を出すことだ。「さすがだ」「立派だ」といわれる模範を示すことだ。そして、第一線の同志を守っていくのである。

「幹部だ。幹部で決まる。指導者が自分を変えるしかない」

人材育成の基本条件は、第一に、多少不安や力不足があっても、この人を将来立派な幹部にしていきたいと考えたならば、まず登用して、それから育成することである。

末法の功徳は、冥益といいます。 それは、雪が静かに積もるように、知らないうちに、積もっていくものです。

永遠に何物にも負けない。何物にも屈しない。何物をも恐れない。勝って勝って勝ちまくっていく生命の本源が妙法であるからだ。

『治りますか』という質問をしては、いけません。治るに決まっているから信心させているのです」と。

何があっても、それをバネに求道心を起こし、戦っていくところに、崩れぬ仏界の生命を確立し、一生成仏していくことができるのです。

この「妙法」の力を引き出せるように、大聖人が御図顕してくださったのが御本尊です。御本尊を中心にして、わが一念が宇宙のギアと、きちっとかみ合った時、幸福の方向へと大いなる回転が始まります。

御本尊様は無上の宝珠、如意宝珠であるから、あなた方の願いは、なにごとも、かなうことになっている。それをつかみ出せないのは、あなた方の信力がたりない、行力が足りないからなのです。

御本尊を信じて朝晩きちんと拝み、念じ、訴えるならば、その一念によって、全宇宙というものが、自分の願いと同様に作用し、願いどおりになる。

祈りは叶うまで続けよ …では、時として、祈り叶わないように見えるのは、なぜなのか。

理論や理屈によるというよりも、ほとんどの方は、身近な学会員の姿を見、真心に触れて入信してくる。

私たちは今、人間として生まれてきた。しかも、大宇宙の根本法を知り、学会員として、広宣流布のために働くことができる。これは大変なことです。

1 2 3 4 138