池田先生ご指導

広布と自身の成長のために懸命に努力すれば、労苦のすべてが自身の福運として開花する。 法華経が「信」を強調する理由を、生命の次元でいえば、

肉体は滅しても、生命は滅びることなく、また、新たな誕生を迎える。そして、罪業も、福運も、境涯も、自分が作り出したものであり、それは、そのまま、来世にも引き継がれると説く。
今世の人生の勝利が、そのまま来世のスタートとなる。
この生命の法理に立脚してこそ、人は死を直視し、限りある人生の一日一日を最後の瞬間まで、人間の完成に向かい、自己を燃焼させ続けることができる。


広布と自身の成長のために懸命に努力すれば、労苦のすべてが自身の福運として開花する。
法華経が「信」を強調する理由を、生命の次元でいえば、法華経の目的は生命の根本的な無知、すなわち「元品の無明」を断ち、「元品の法性」すなわち本来の自己自身を知る智慧に目覚めることにある。この法性を仏性、仏界といってもよい。
ところが、これは生命の最も深層にあるゆえに、より表層にある理性等では開示できない。
それらを含めた生命の全体を妙法に向かって開き、ゆだねることによって、はじめて仏性、仏界は、自身の生命に顕現してくる。
妙法に対して自身を開けば、妙法が自身に開かれる。
宇宙の根元の法を、その宇宙の一部である人間の小さな頭でつかむことはできない。
その法が自身の生命に顕になるように心身を整える以外にない。

Translate »