名字の言

名字の言

〈名字の言〉 2022年8月26日  高校時代に駅伝選手だった友から聞いた話。走っている時は、最終盤まで中継地点が見えない。

0
名字の言

〈名字の言〉 2022年8月25日 「人生で最高の瞬間」はいつか。冒険家の三浦雄一郎氏は、それを「挑戦している時」と語る。5

0
名字の言

〈名字の言〉 2022年8月24日  作家・中島敦の短編小説「弟子」には、孔子に仕えた子路の潔い生きざまが描かれている。

0
スポンサーリンク
名字の言

〈名字の言〉 2022年7月19日  明治初期、戊辰戦争で焼け野原となった長岡藩に、米百俵の支援が届けられた。

0
名字の言

〈名字の言〉 2022年7月16日  遠方の友人を訪ねるため、飛行機を利用した。曇り空の空港を飛び立ち、雲を突き抜けた、はるか上空は見事に晴れ渡っていた。

0
名字の言

〈名字の言〉2022年7月15日  日蓮大聖人のもとに、富木常忍が母を亡くした報告に訪れた。常忍の夫人がずっと献身的に介護してくれたという。

0
名字の言

〈名字の言〉 2022年6月29日 「道理・証文よりも現証にはすぎず」(新1941・全1468)。会合でも、大きな励みになるのは信仰体験だ。

0
名字の言

〈名字の言〉 2022年6月22日  幼少の頃に沖縄戦を体験したある女性が、終戦から3年目の冬、母に連れられ南部戦跡を訪れた。

0
名字の言

〈名字の言〉 2022年6月17日  一家の夕食は、夫婦が当番制で準備するという男子部員。ある休日、彼が「たまには外食でも」と家族を誘うと、幼い息子は「パパご飯、ママご飯がいい」とごねた。

0
名字の言

〈名字の言〉 2022年6月16日  日本を代表する写真家で、かつて本紙でも連載を持っていた田沼武能氏。今月、93歳で亡くなるまでカメラを握り続けた。

0
名字の言

〈名字の言〉 2022年6月15日 「朝焼小焼だ/大漁だ/大羽鰮の/大漁だ。/浜はまつりの/ようだけど/海のなかでは/何万の/鰮のとむらい/するだろう。」

2022年7月26日 2:19 PM 0
名字の言

〈名字の言〉 2022年6月14日  言葉というものは不思議だ。普段使っているありふれた言葉でも組み合わせ方、

2022年6月15日 9:54 AM 0