1 2 3 4 17

名字の言一覧

会合の前に題目。指導の直前に題目。そして家に帰って、また題目を上げるんです。命が変わらないわけがない。一番わかっているはずです。これしか戦いはない。

〈名字の言〉 2019年6月29日

〈名字の言〉 2019年4月9日

〈名字の言〉 2018年12月7日  JR山手線の30番目の新駅の名称が「高輪ゲートウェイ」に決まった。

〈名字の言〉 2018年12月6日  「能力の欠落ではなくて、脳の認識の仕方が違うんです」。

〈名字の言〉 2018年12月4日  会合に間に合うよう幼子の出掛ける支度をし、急いでご飯を食べさせ、抱きかかえて家を飛び出す

〈名字の言〉 2018年12月3日  作家の吉川英治氏は、新聞や雑誌などで、同時に小説の連載を抱えていた時期があった。

〈名字の言〉 2018年12月2日  先日、友人が職場での研修の様子を語っていた。それは数人のグループで「自分以外の全員に対して“感謝”を伝える」という内容。

〈名字の言〉 2018年12月1日 「伸びようと努力しない人は、子どもからは無縁の人だと思います」。

〈名字の言〉 2018年11月30日  各地で開催中の「絵本とわたしの物語展」。会場には、絵本が生まれた時代や当時の暮らしぶりが再現され、好評を博している。

〈名字の言〉 2018年11月29日  「人に尽くす喜びを教えてくれた、ひいばあちゃんと同じ心で頑張ります!」。

〈名字の言〉 2018年11月28日  「息子が大学に合格しました」と語る壮年部員に、お祝いを述べようとすると、「ただ困ったことに……」と遮られた。

〈名字の言〉 2018年11月27日  「民音は、アルゼンチン・タンゴを広めた、世界で一番重要な団体です。

〈名字の言〉 2018年11月26日  イタリア創価学会の機関誌『仏法と社会』にマッツィーニ協会会長のインタビューが掲載されていた。

〈名字の言〉 2018年11月25日  いじめをなくすため、代表委員の少年部員がクラスメートに話し合いを呼び掛けた。

〈寸鉄〉 2018年11月24日 人ではない。自分自身だ。自分の信心だ―恩師。

〈名字の言〉 2018年11月23日  友人が中学時代の思い出を語った。彼の学校の吹奏楽部は相当な実力があって、ある日、学校行事でその演奏を聴く機会があったそうだ。

〈名字の言〉 2018年11月21日  今季限りの引退を発表したサッカー元日本代表の川口能活氏。

〈名字の言〉 2018年11月20日  40年間、風邪一つひかず、健康に自信があった漫画家の東海林さだおさんが、ある年、病で入院した。

〈名字の言〉 2018年11月19日  ある文芸評論家が言っていた。創価学会の哲学を“本流”とすれば、学会員一人一人の生き方は“支流”です。

1 2 3 4 17