スポンサーリンク
本日の御書

本日の御書 悪の中の大悪は我が身に其の苦をうくるのみならず子と孫と末へ七代までもかかり候けるなり、善の中の大善も又又かくのごとし、目蓮尊者が法華経を信じまいらせし大善は我が身仏になるのみならず父母仏になり給う、

【御書本文】
悪の中の大悪は我が身に其の苦をうくるのみならず子と孫と末へ七代までもかかり候けるなり、善の中の大善も又又かくのごとし、目蓮尊者が法華経を信じまいらせし大善は我が身仏になるのみならず父母仏になり給う、上七代下七代上無量生下無量生の父母等存外に仏となり給う(盂蘭盆御書1430)

【通解】 
悪の中の大悪は、その報いの苦しみを、わが身に受けるだけでなく、子と孫と末代に七代までもかかるのである。
善の中の大善もまた同じである。目連尊者が法華経を信じられた大善は、目連尊者自身が仏になっただけでなく、目連尊者の父母も仏になられたのである。
また上七代、下七代、上無量生、下無量生の父母たちまでも、思いがけなく成仏されたのである。

【先生の指導から】
その創価学会の一員として広布に戦う皆さまの功徳は、無量であり、無辺である。
皆が菩薩となり、仏となりゆく偉大な方々である。
さらに、自分だけでなく、先祖まで、また子孫末代まで仏にすることができる。大福運を送っていくことができる。絶対的な幸福を、大河のごとく滔々と流れ通わしていくことができる。
皆さまこそ、大功徳の本流である。大変な存在なのである。それを思えば、「歓喜はかりなし」である。
皆さまを、三世十方の仏菩薩が守護することは絶対に間違いない。大聖人は、そう断言しておられる。
どうか満々と確信をみなぎらせ、来年もまた、勇敢に、勝利また勝利の前進をお願いしたい(大拍手)。