sokaxx

池田先生ご指導

「法のため」に自分自身を捧げてこそ「人法一箇」に近づいていく。日蓮大聖人の御境涯に一歩、近づいていく。成仏の境涯に近づいていく。自分という「人」が妙法という「法」と一体になっていく。

1
池田先生ご指導

信心の世界は「心の世界」である。自身の境涯次第、受けとめ方次第で物事はまったく別の顔を見せていく。

0
池田先生ご指導

大御本尊様は向こうにあると思って拝んでおりますが、実はあの三大秘法の御本尊を即南無妙法連華経と唱え、信じたてまつるところのわれらの生命の中にお住みになっていらっしゃるのです。

0
池田先生ご指導

本物の人間革命、成仏の道は百パーセント何等かの反作用がある。

1
池田先生ご指導

とくに自覚して祈っていなかったことが、あとから振り返ると実現していることもある。

1
池田先生ご指導

御本尊を信じる心があれば、罰なんて当たらない。きゅうくつに考えたり、縛られたように感じる必要はない。そもそも「罰」も「功徳」も、自分の生命にあるものが″出る″のであって、だれかが罰を当てるようなものではないのです。

1
池田先生ご指導

御本尊への勤行・唱題も、「最高」の発明だから「最高に簡単」なのです。簡単だけれども、御本尊がすごいから、すごい力が出るのです。 しかも、その力は「御本尊が与える」のではなくて、もともと自分の中にあった無限の生命力を「引き出す」のです。そこが大事なのです。 勤行は、自分の眠っている力を引き出す「宝の蔵の鍵」なんです。

2
池田先生ご指導

電波と同じように、目には見えないけれど、生命の「十界」の波長が宇宙にはある。少し、難しい話になるが。 問題はどのチャンネルの波長に合わせるかです。

0
池田先生ご指導

また、人のために唱えた題目であっても、全部、自分にかえってくる。 人のためにも、自分のためにもなる。両方に功徳が出る。 そうやって何倍も大きな功徳になっていくのです。

0
池田先生ご指導

勝利の余韻に浸ると、慢心になる。これでは「次は負け」である。 勝った時にこそ、さらに、次の新しい大きな展望を開く。これで、次も勝利できる。

0
池田先生ご指導

一歩深いところに 人間である以上、欲望との追いかけっこは、一生涯やまぬかもしれぬ。 もし、そうだとすれば、人間は永久に確たる幸福を得られないことになる。

0
池田先生ご指導

自分の慢心に打ち勝った人のみが、人生の凱歌の記録を残すことができるのである。 すなわち彼は絶対に「もうこれでいい」という慢心には陥らなかった。

0
池田先生ご指導

理論や理屈によるというよりも、ほとんどの方は、身近な学会員の姿を見、真心に触れて入信してくる。 「学会の人は話し方がすがすがしい。思いやりが深い。誠実である」 「学会には、素晴らしい音楽、文化がある」

0
池田先生ご指導

よきにつけ題目、悪しきにつけ題目を唱えに唱えきっていく。自己の使命に生きながら、南無妙法蓮華経を自らも唱え、他にもすすめ、修行しきっていった時には、自身の生命の「我」は妙法に染め抜かれて、三世永遠に大宇宙の「仏界」と一体になっていく。

0
池田先生ご指導

しかし、実際に会合にも出られない、同志にも会えないとなると、寂しくてしかたがなくなる。そういう実例はいっぱいある。

0
池田先生ご指導

全宇宙に脈動し、生命体の存在を現出させる根源の法則を妙法と呼ぶ! 生理機能が生まれ、自然の妙薬も産出されて来る!

0
池田先生ご指導

過去にどれほど命を惜しまぬほどの信心を示したとしても、現在の一念が惰性になれば、諸天の守護は弱くなる。せっかく積んだ福運まで消してしまいかねない。

1
池田先生ご指導

人間の場合、同じことの繰り返しは惰性につながる。また、傲慢、危機感の喪失、無責任、他者への依存などが背景となって主体が失われると惰性に陥りやすい。

1
池田先生ご指導

煩悩、業、苦すなわち、九界の生命がそのまま仏界の智慧、福徳と転ずる。 これまでの悪業がなくなって、別のものが得られるのではなく、それ自体が福徳、智慧に転ずる。

1
池田先生ご指導

知恵ある人は障害をも自分の味方にしてみせる。知恵なき人は幸運をも、つまずきの原因にする。 強者にとっては、運命と戦うことすら喜びであり、弱者にとっては、人生そのものが重荷であろう。

2