sokaxx

スポンサーリンク
池田先生ご指導

完全無欠の仏法である。 全部、必ず勝てるのだ。妙法の威力というものは、何ものも遮ることはできない。すべてを吹き飛ばしていけ!

0
池田先生ご指導

題目をあげないで、ただ悩みに負けて指導を受けに来た人は、信心ではなく、策や方法を求めているのでなかなか話が通らない。 なんとか解決しようと思って題目をあげている人にはスパッと入っていく。

0
池田先生ご指導

個人にあっても、どうしょうもない悩みに直面しているのは、「影ななめ」の状態といえよう。その時に、当面する問題だけを解決しようとするのは、仏法の眼から見れば、「体」を変えないで「影」を変えようとしている行為にほかならない。

1
スポンサーリンク
池田先生ご指導

南無妙法蓮華経とは、生命を変化させる大元である。われわれが南無妙法蓮華経と唱えることは、その変化させる大元を、自分の生命の中に取り入れることになるのである。

0
池田先生ご指導

幾多の生命流転の途上に、皆誤った生活が生命に染まって、一つのクセをもつことになる。そのクセをつくるもとが、貪(むさぼり)、瞋(いかり)、癡(おろか)等のもので、これによって種々に染められた生命は、宇宙のリズムと調和しなくなって、生命力をしぼめていくのである。

0
池田先生ご指導

「歓喜の信心」「感謝の信心」に、福運も功徳もいやましていく。いつも不平、不満をいだき、義務感で動いている重い心の人には、功徳は微弱である。

0
池田先生ご指導

組織を強くするといっても。実践的には一人一人の信心を強くする以外にはない。 そのためには一人の友に希望を与え、信心の歓喜を味あわせてあげることである

0
戸田先生最強ご指導

御本尊は、生命のあらゆる原理を体系化し、縮図化して、一幅の曼陀羅にあらわされているのであります。

0
池田先生ご指導

だれが聞いても好感をうけるような勤行が本当です。どら声を張り上げたり、居眠りしながら勤行したり、牛の歩みのようにのろのろしたのもよくないが、むやみに早く、なにをいっているのかわからないくらいの超スピードで、まるで急行列車みたいにやるのもいけません。また、消え入るような声の弱々しい勤行もよくない。

1
池田先生ご指導

本日の御書 日蓮が弟子檀那等正直捨方便不受余経一偈と無二に信ずる故によつて此の御本尊の宝塔の中へ入るべきなりたのもしたのもし(日女御前御返事p1244)

0
池田先生ご指導

自分を苦しめている相手も、生命の本源的な次元に立ってみるならば、実は、自分の罪障消滅、宿命転換を手伝ってくれている大切な人なのだ、ということです。

5
池田先生ご指導

表面的に見た場合、あるいは功徳を受けていないように考える人もいるかもしれません。しかし、忘れてはなりません。生命の深層においては、すでに功徳の潮流のうねりが始まっていることを。

1
池田先生ご指導

本尊に対する「信」の強弱によって、その行動の強弱が決定され、その行動の強弱に応じて功徳は顕れ、幸福な人生を満喫できるかどうかが決まる。

0
池田先生ご指導

一言の妙法 大聖人の仏法はご承知のとおり「南無妙法蓮華経」の一言であります。

0
池田先生ご指導

自身の宿業の重さには気づいても同じ命の中に、功徳無量の宝があることを心のどこかで否定していないか。 あきらめ、悲観主義に支配されて、心が爾前経になっていないか。

0
池田先生ご指導

同志に会えば、それだけ、生命の威光勢力が増す。広布に尽くせば、それだけ、自分が諸天善神から守られる。

0
池田先生ご指導

広宣流布の革命にあっても、千人、二千人の友のために働いた人は、永遠に、その人たちの心に残る。永遠に、その方々が眷属となり、諸天善神ともなって守ってくれる。そういう境涯になる。

0
池田先生ご指導

行き詰まったら、創価学会に限りなく近づくこと。学会活動をすること。心から励ましてくれるのは、創価学会しかいない。

2
池田先生ご指導

勤行のなかに自分自身の生命、信心の実相が、きちんとあらわれているものです。前進している信心、生き生きとした勤行の実践があれば、生命は躍動し、宇宙のリズムと見事に調和してきます。

0
池田先生ご指導

御本尊に題目を唱え、自己の生命が即南無妙法蓮華経であると悟れば、それはすでに仏界の境地に入っているわけであります、

0
スポンサーリンク
Translate »