sokaxx

池田先生ご指導

また苦難を忍びながらの、広布への化他の実践が絶対に必要である。 温室育ちでは鍛えの信心にはならないし、人間的成長もない。

0
池田先生ご指導

御本尊を持ち、唱題に励んでいくことによって、一切の悪業は善根へと変えていける。すべての悪しき宿業は、煩悩即菩提、生死即浬磐で、そのまま成仏への因とすることができる。

0
池田先生ご指導

しかし私は此れを見て全く感激の余り涙を流して頭を下げました。 何故ならば私は此の一婦人の其のみすぼらしい姿に仏の大慈悲を認めたからであります。

0
スポンサーリンク
池田先生ご指導

では、信心でわが境涯を限りなく開きつづけていくためには、いったい何が必要か。 その一つの次元は〝感謝の心″である。また〝歓喜の心″である。

0
池田先生ご指導

祈りもなく、真心もなくして、口先だけの指導などで、人を救えるはずがない。誠実しかない。策ではない。根底に相手を思う一念があり、祈りがあれば、最後は全部、いちばん良い方向へいく。

0
池田先生ご指導

自分がいれば「先生!」「先生!」と叫び抜き、いずこであれ、師弟一体の勝利の息吹を満々とみなぎらせてみせる! 広宣流布の輝く大道を開いてみせる!  この一人立つ勇気が、師恩に報いる第一の要件だ。

1
池田先生ご指導

幸福は、他から与えられるものではない。自分でつかむものだ。幸福への扉のカギは、自分自身が持っている。

0
池田先生ご指導

この臨終の時に、いかなる一念を持つか。悔いなき勝利の「生」は、安穏な「死」を約束します。そして、大満足の「死」が、次の「生」への晴れやかな旅立ちを決定させます。臨終の時の今世を総括する一念が、どうであるか。その因が未来の果報をもたらす。ここに「臨終正念」の意義があります。

0
池田先生ご指導

「聖教新聞」の配達には、それ自体、折伏に通ずる功徳が現れる。永遠の生命から見れば、絶対に「勝利者」となる。究極的な幸福境涯となることは間違いない。 「配達即折伏」「配達即広宣流布」「配達即友好活動」「配達即拡大」である。 

0
池田先生ご指導

死身弘法の覚悟とは、“人生の根本目的は広布にあり”と決めることだ。そして、名聞名利のためではなく、人びとに仏法を教えるために、自らの生活、生き方をもって、御本尊の功力、仏法の真実を証明していくのだ。

0
池田先生ご指導

仏法の真髄は、どこまでも不惜身命、死身弘法の精神にある。命を惜しまず、広宣流布に進みゆく行動にあります。

0
池田先生ご指導

信心は、成り行きでいつか深まってくるものではない。「あひかまへて」とは、発心をしなさいということです。何があろうとも、よし、これを転機に御本尊根本に一歩前進していこう、という勇敢な信心が大切です。

0
池田先生ご指導

そして、今この瞬間の一念が変われば、それが「現在の因」となって「未来の果」をいくらでも変えていけます。今の一念がどうか。それによって、常勝の道が深く、強く、できあっがっていく。

2021.02.20 0
池田先生ご指導

題目は火です。煩悩の薪を燃やして菩提すなわち幸福の火が赤々と燃えあがる。悩みが即幸福の原料になる。

1
池田先生ご指導

だからこそ、唱題なのだ!  だからこそ、折伏なのだ! 地涌の菩薩の、仏の大生命を呼び覚まし、強い心で、大きな心で、豊かな心で、悠々といっさいを乗り越え、勝利していくのだ。

0
池田先生ご指導

失恋がなんですか。“こんなことでつぶれてしまう弱い自分じゃないよ”と自分を励ますのです。 今は、その人が“世界で一番”のように思えるかもしれないが、これから出会う百人の中でも一番か。千人の人と比べても一番か、一万人の中でも一番かというと、そうは言いきれないでしょう。また、自分がどんどん成長していけば、人間を見る目も変わってくるものです。

0
池田先生ご指導

〈池田大作先生 四季の励まし〉 信心しきった人が勝つ  2017年10月8日

0
池田先生ご指導

「我が一念の変革」が、すべての変革の鍵なのです。これが「人間革命」です。 そして、誰にでも、その変革の力が具わっている。この生命の真実に気づけば、いつでも、どこでも、どのような状況にあっても、その力を現実に開き顕していくことができます。

0
池田先生ご指導

策でもなければ、要領でもない。「法華経の兵法」に徹して戦い抜く執念こそが、最強なのだ。

0
池田先生ご指導

死身弘法の覚悟とは、“人生の根本目的は広布にあり”と決めることだ。そして、名聞名利のためではなく、人びとに仏法を教えるために、自らの生活、生き方をもって、御本尊の功力、仏法の真実を証明していくのだ。

0
スポンサーリンク