名字の言

〈名字の言〉 2017年11月2日

地元の男子部員と話した時、最近のテレビの話題に。「お笑い芸人の出川哲朗さんを見ると、どんな嫌なことがあっても吹き飛びますね」と言っていた▼「ヤバイよ、ヤバイよ」の決まり文句で、ザリガニのはさみで鼻を挟ませたり、言葉の通じない国で買い物をしたりするなど、体当たりで笑いを届ける出川さん。今やバラエティー番組には欠かせない存在だ▼かつては“嫌われタレント”と見られていたこともあったが、最近は“子どもが尊敬する人物”に名前が挙がる。そんな彼を支えたモットーは「一生懸命、頑張っていれば、誰かが見ていてくれる」(本紙5月6日付)。その言葉通り、どんなに大変な仕事も真正面から取り組んできたという▼どこかで、必ず誰かが見ていてくれる――ささいなことのようだが、人知れず奮闘する人を、これほど鼓舞する確信はない。そこには、周囲の世界への信頼があり、未来への希望を失わないたくましさがある▼人生、自分の思うようにならないこともあるだろう。しかし、焦る必要はない。池田先生は「人が見ようと見まいと、花は花である。泥のなかにあろうと、金は金である」と。本物は、どこにあっても光るものだ。わが使命の舞台で、きょうも自分自身のベストを尽くしたい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
創価学会が大好き
Translate »