スポンサーリンク
本日の御書

本日の御書 此の御本尊全く余所に求る事なかれ只我れ等衆生の法華経を持ちて南無妙法蓮華経と唱うる胸中の肉団におはしますなり、是を九識心王真如の都とは申すなり(日女御前御返事p1244)

【御書本文】
此の御本尊全く余所に求る事なかれ只我れ等衆生の法華経を持ちて南無妙法蓮華経と唱うる胸中の肉団におはしますなり、是を九識心王真如の都とは申すなり(日女御前御返事p1244)

【通解】
この御本尊を決して他の所に求めてはならない。ただわれら衆生が法華経(御本尊)を持って南無妙法蓮華経と唱える、胸中の肉団におられるのである。これを「九識心王真如の都」というのである。

【先生の指導から】
幾度も拝してきた、有名な御聖訓である。
妙法を唱え、広布に走る皆さま方自身の生命こそが、最も尊極な存在なのである。わが胸中にある、この仏の生命の都を、広々と、悠々と開き、輝きわたらせていくことである。