スポンサーリンク
本日の御書

本日の御書 其の国の仏法は貴辺にまかせたてまつり候ぞ、仏種は縁に従つて起る是の故に一乗を説くなるべし

本文】
其の国の仏法は貴辺にまかせたてまつり候ぞ、仏種は縁に従つて起る是の故に一乗を説くなるべし(高橋殿返事p1467)

【通解】
その国の仏法流布は、あなたにお任せする。仏種は縁によって起こる。その故に一乗(法華経)を説くのである。

【先生の指導から】
大聖人から託された、それぞれの深き使命の天地にあって、世界最高峰の須弥山のごとき大福運を積んで積んで積みきっていただきたい。
生命は永遠である。できる時に、福運を積んでおかないと、損である。広布に戦って積んだ福運は、永遠の幸福の土台となる。生々世々、仏となり、生命の「王者」となることは間違いない。
だからこそ、今、頑張ろうではないか。