スポンサーリンク
本日の御書

本日の御書 各各師子王の心を取り出していかに人をどすともをづる事なかれ、

本文】
各各師子王心を取り出していかに人をどすともをづる事なかれ、師子王は百獣にをぢず師子子又かくごとし、彼等は野干ほうるなり日蓮が一門は師子吼るなり(聖人難事p1190)

【通解】
各々、師子王心を奮い起こし、いかに人が脅そうとも、決して恐れてはならない。師子王は百獣を恐れない。師子子もまた同じである。彼らは、野干(狐)が吼えているようなもである。日蓮一門は、師子が吼えているようなもである。

【先生指導から】
真実を勇敢に語り、師子吼し、叫ばなければ、日蓮門下とは言えなである。
「創価声」は「師子王声」である。それは、正義陣列威光勢力を限りなく増し、そして邪悪陰謀をことごとく粉砕していく根本力である。
聖訓とおり、いよいよ「声を惜しまず」「声を張り上げて」「大音声を出して」、創価勝利金字塔を打ち立ててまいりたい。