池田先生ご指導

ほんのわずかな一念の狂いが、取り返しのつかない結果に終わってしまう。この方程式は、一個の人生においても同様である。

ほんのわずかな一念の狂いが、取り返しのつかない結果に終わってしまう。この方程式は、一個の人生においても同様である。また、社会や組織においても同じである。峻厳なる信心と広布の世界においては、なおさらである。
正法を持った私どもは、生命の永遠の勝利への大道を歩んでいる。求めて得がたき無上道の人生なのである。もしも、ささいな見栄や、つまらない慢心、憶病等の心にとらわれて、信心の心を紛動され、退してしまったならば、三世永遠にわたって苦悩の連続となってしまう。また退転者の汚名を残してしまう。そうなったあとで、悔やんでも悔やみきれない。
ゆえに断じて退転だけはしてはならない。今世の人生は、永遠からみるならば、文字通り瞬時にすぎない。それに執着し、とらわれるのは無常の仮諦の領域である。今世のみの、はかなくうつろう表面の現象に迷い、永遠にして不壊の幸福を開きゆくための信心を失うことほど愚かなことはない。

Translate »