スポンサーリンク
本日の御書

本日の御書5956

本文】
漢土日本に智慧すぐれ才能いみじき聖人は度度ありしかどもいまだ日蓮ほど法華経かたうどして国土に強敵多くまうけたる者なきなり、まづ眼前事をもつて日蓮は閻浮提第一者としるべし(撰時抄p283)

【通解】
中国や日本に、智慧が勝れ、才能も素晴らしい聖人は、たびたび出現したけれども、いまだ日蓮ほど法華経味方をして、国土に強敵を多く呼び起こした者はいない。まず、こ眼前事実をもって、「日蓮は一閻浮提第一者である」と知るべきである。

【先生指導から】
難がなければ、本当法華経行者ではない。ニセ者である。広宣流布戦いにあって、法華経にある「悪口罵詈(あっくめり)」「猶多怨嫉(ゆたおんしつ)」難が起こるは当然である。
大聖人仰せごとく、難を受け、三類強敵を打ち破ってきた団体は、創価学会以外には絶対にない。
ゆえに創価学会こそ「一閻浮提第一」広宣流布団体なである(大拍手)。