本日の御書

本日の御書6278

スポンサーリンク

本文】
ただいまに霊山にまいらせ給いなば日いでて十方をみるがごとくうれしく、とくしにぬるもかなとうちよろこび給い候はんずらん(妙心尼返事p1480)

【通解】
やがて霊山へ参られたならば、太陽が出て十方世界を見晴らすようにうれしく、早く死んでよかった、と喜ばれることでしょう。

【先生指導から】
「死」というは、一般には、「寂しく」「暗い」もだと思われている。しかし、もっと本源的な生命法則から見れば、死も生も、永遠生命一断面にすぎない。
南無妙法蓮華経と唱え抜き、弘め抜いていった人は、亡くなっても、太陽が赫々と昇り、「早く死んでよかった」といえるような自在境涯を楽しんでいける。
まさに「生も歓喜」「死も歓喜」である。
だからこそ、大聖人は、今世で、真剣に妙法信仰を貫いていきなさいと仰せなである。
また、家族に対しては、“信心をして亡くなられたならば、何配もいりません”“本人も必ず喜ばれるにちがいありません”と、励ましておられる。これが妙法世界である。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
創価学会が大好き