本日の御書

本日の御書6226

本文】
如くならば在家諸人別智行無しと雖も謗法者を対治する功徳に依つて生死を離る可きなり(守護国家論p68)

【通解】
ようであれば、在家人々は特別智慧と修行がなくても、謗法者を対治する功徳に依って生死苦海を離れることができである。

【先生指導から】
正義正義である学会とともに生きゆく人は、いたずらに死を恐れることなく、荘厳な人生総仕上げを飾っていくことができる
美しき、見事な勝利実証は、枚挙にいとまがない。
反対に、恩知らず裏切り者たち末路が、どれほど惨めであるか。皆さまも、よくご存じ通りだ。

 

  1. 白方龍男 より:

    先生のご指導、生きてきた通りにしか死ねない、それならば死んだ通りにしか生まれてこれないと心に決めて一生を目指しています、

Translate »