池田先生ご指導

「どんなことがあっても、題目を唱えると、自分の悩みが小さく感じられるんです。自分の心が強くなり、勇気が湧く感じ。〝絶対に大丈夫〟って確信が持てるんです」

「御本尊への強い願いは、必ず通ずる。それには、条件が三つある。一つ、題目。二つ、題目。三つ、題目である」

———–

「同じ『祈り』でも、『強い気持ち』で祈ろう。叶うまで諦めたらダメだ」変われるのか?→変わろう→変わりたい→絶対に変われる!その通りだった。一念を込めsて祈っていくほど、決意は強く、深くなっていく

———–

「今、題目を唱えられるという現実そのものが、最高に幸福な境涯なのである。さまざまな悩みがあり、経済的に大変であっても、真剣に祈り、信心に徹すれば、いかなる宿命をも転換していける。大切なのは、どこまでも信心根本で生き抜くことだ」

———–

「どんなことがあっても、題目を唱えると、自分の悩みが小さく感じられるんです。自分の心が強くなり、勇気が湧く感じ。〝絶対に大丈夫〟って確信が持てるんです」

———–

〝挑戦しないうちから、諦めてちゃいけない。先生の指導を体現できる弟子になってみせる!〟

———–

「題目を唱えていけば、諦めない自分に、絶対に変われるわよ」

———–

「倒れても、また立ち上がればよい。立ち上がるたびに、より強くなれる。題目で、打開できない試練などない。信心で、変毒為薬できない苦難などないのだ」

Translate »