御書と歩む

〈御書と歩むⅡ――池田先生が贈る指針〉20 2018年5月26日 新しい人材を伸ばそう

 

  • 御 文
  • 仏になりやすき事は別のやう候はず、旱魃にかわけるものに水をあたへ・寒冰にこごへたるものに火をあたふるがごとし(上野殿御返事、1574ページ) 
  • 通 解
  • (人がものを教えるということは、重い車に油を塗って回りやすくし、船を水に浮かべて進みやすくすることである。)仏にたやすく成る道は、別なことではない。旱魃の時に喉が渇いた者に水を与え、寒さに凍えている者に火を与えるようなものである。
同志への指針

 学会は究極の「善知識」の世界だ。“これほどまでに”と祈り、心を砕き、励ましてくれる父母たちがいる。幾重にも良き先輩の触発がある。ゆえに、青年が輝き光るのだ。
 今、男子部の大学校生も、女子部・学生部の地涌の人材群も躍動している。
 後輩を自分以上に!――この大誠実が、自他共に「人間革命」しゆく推進力だ。

Translate »