名字の言

〈名字の言〉 2022年8月25日 「人生で最高の瞬間」はいつか。冒険家の三浦雄一郎氏は、それを「挑戦している時」と語る。5

0
池田先生ご指導

「仏界が顕れる」ことと「魔軍を降す」こととは一体なのです。魔は、内にも外にもいる。しかし、それに勝つか、負けるかは自分自身の一念です。大事なことは、勝ち続けることです。

0
池田先生ご指導

ある調査では「インターネットの利用時間が長くなればなるほど憂鬱になったり、孤独感を覚えがちになる」という結果が出たそうです。やはり人間は、人間に直接会わなければ、生命の触発はないということだね。

0
スポンサーリンク
池田先生ご指導

私は、戸田先生の人格を慕い、深遠な哲学性を求めて入会したが、宗教そのものには抵抗があった。父親は、私の入信に猛反対であった。

0
名字の言

〈名字の言〉 2022年8月24日  作家・中島敦の短編小説「弟子」には、孔子に仕えた子路の潔い生きざまが描かれている。

0
池田先生ご指導

ただ一遍、南無妙法蓮華経と唱えても広大な功徳がある。永遠の功徳がある。これが私たちの信心である。この大確信がなければならない。

0
池田先生ご指導

退転し、学会から離れていった人も、大きな心で包んでいくことが大事です。人と人のつながりを切り捨ててしまうのではなく、「友だちなんだから、困ったことがあったら相談に来なさいね」と言ってあげるぐらいの度量が必要です。

0
池田先生ご指導

すべてが幸福の光に包まれた世界。不幸などは存在しない―それが寂光土である。生命は無上の喜びに包まれて、「楽しいな」「うれしいな」という最高の境涯。妙法のために生きぬき、亡くなった方の生命は、必ずこうした境涯となって輝いていくのである。

0
池田先生ご指導

広布へ勇猛精進する人の題目は、たとえ一遍であっても、何の目的もなく、何の行動もない千遍、万遍の題目よりも、はるかに功徳があり、はるかに力がある。

0
本日の御書

本日の御書 又若しやの事候はばくらき闇に月の出づるが如く妙法蓮華経の五字月と露れさせ給うべし、其の月の中には釈迦仏十方の諸仏乃至前に立たせ給ひし御子息の露れさせ給ふべしと思し召せ 浄蔵浄眼御消息p1397

0
池田先生ご指導

御本尊の前で勤行するときは、日蓮大聖人の御前にいると同じことなのです。かりにも、だらしない態度であってはならん。居眠りしたり、欠伸をしたりするような勤行では、決してなりませぬ。

0
池田先生ご指導

大聖人は同志間で悪口を言い合うことを厳しく戒められている。「不本意なことがあっても、見ず、聞かず、言わずで仲良くしていきなさい」(御書278ページ、通解)

0