1 133 134 135 136 137 138 139 143

何んであろうと、信じたものが間違っていた場合、人は極端に不幸になる。

『信心しているからなんとかなるだろう』といった安易な考え方、気持ちであってはなりません。

広布流布の大道を歩む私たちは、けっして〝これでよし〟などと現状に安住するようなことがあってはならない

まず妙法蓮華経とは何か?ということです。朝晩行っている南無妙法蓮華経。宇宙の森羅万象の中に含まれて溶け込んでいるのです。

勤行や活動も、具合の悪い時は、やらないことです。

信心を頑張れば、それでよいのかというと違います。 変わらなければならないのです。

すっきりと、勇んで行動する信心が、功徳をわかせる。 臆病や、怨嫉、文句、策の信心では、諸天も動かない。

日蓮大聖人門下の、南無妙法蓮華経と唱え奉る者はこれ以上はないという宝の集まりを求めることなく、自ずから得た長者なのである。

この強い一念と祈りの激励は、実は自身の生命に「自分は永遠に退転しない」という楔を打ち込んでいるのである。

境涯革命五原則

信心に巡り会い、広布の中で鍛えてきた力強い生命と、元々弱いくせのある生命との共存。

白馬がパッパッと駆けているような朗々とした勤行・唱題をしていきましょう。御本尊にビンビンと響き、感応していく勤行・唱題に、無限の功徳があるのです。

惰性の症例

進まざるは退転

気迫の祈りこそ勝利の源

本当にできると思えば必ずできる。勝利の結果をありありありと心に描きイメージし、確信することによって脳が全力をあげてその描いた像を現実にしようと働きはじめる。

「一人立つ信念の人は宇宙も味方にしていく」

「頭がいい悪いといっても、一本の線を引いて。その上と下の違いくらいしかないものだ」

妙法は宇宙の最高の宝である。唱題することは、毎日、我が生命に宝を積み重ねていくことなる。

「塵も積もれば山となる」というが、塵が積もってできた山はない。

1 133 134 135 136 137 138 139 143