戸田先生ご指導

戸田先生ご指導

「わが職業に歓喜を覚えぬような者は、信心に歓喜なき者と同様であって、いかに題目を唱えようとも、社会人として成功はあり得ようがない」

0
戸田先生ご指導

すなわち、八万宝蔵、さらには一切法といっても、それらは全て御本尊の説明であり、せんじつめれば、一切法は御本尊に帰着することを知っていただきたい。

0
戸田先生ご指導

同様に「南無妙法蓮華経」は物理的には誰が唱えても空気の振動ですが、どのような一念で唱えるかによって、結果は全く異なります。一念が「不信」であったり「組織利用」であったり「悪との妥協」であれば、どれほど口先で題目を唱えようが、梵天帝釈は動きません。

0
スポンサーリンク
戸田先生ご指導

この「現在の一念が過去まで変える」という原理は、仏法の宿命転換とも共通しています。 日蓮仏法においては、過去の宿業を南無妙法蓮華経によって功徳に転換できると説きます。

0
戸田先生ご指導

この大御本尊様を受持すれば、過去世においてつくらなかった、原因をくださるという約束がある。 即座に下さるのですよ、原因を。

0
戸田先生ご指導

われわれが日々拝する大御本尊は、われわれ凡夫とは関係ない雲の上の存在であり尊上無比の存在であると拝し、われわれ下賤(げせん)の者のつたない日常生活現象とは、およそかけはなれた存在であると拝することは、誤りである。

0
戸田先生ご指導

やるやらないはむこうの自由です。なにも創価学会へ引っぱりこんでしまわなければ、折伏にならないなどと考えなくともよろしい。

0
戸田先生ご指導

獄以来一年有半に、「牧口は死んだよ」と、ただ一声を聞いたのであった。 独房に帰った私は、ただ涙に泣きぬれたのであった。

0
戸田先生ご指導

昭和二十年、名誉の出獄の後、創価学会の再建運動にかかり、ついに今日にみるごとき大幹部、および青年同志の集いとなったのであるが、私はいまだ会長たる自覚に立たず、

0
戸田先生ご指導

われわれが日々拝する大御本尊は、われわれ凡夫とは関係ない雲の上の存在であり尊上無比の存在であると拝し、われわれ下賤(げせん)の者のつたない日常生活現象とは、およそかけはなれた存在であると拝することは、誤りである。

0
戸田先生ご指導

貧乏して悩むのも、事業に失敗して苦しむのも、夫婦喧嘩をして悲哀を味合うのも、それは皆自己自身の生活である。 すなわち、自己自身の生命現象の発露である。

0
戸田先生ご指導

毎朝、御観念文に拝することのできるのは、誠にもったいないしだいである。われわれは、日蓮大聖人様の家来であり、子であり、弟子なのである。そして、宇宙の仏様であらされる大聖人様の家来、子、弟子となれることは、人生の大因縁なのである。

0