1 2 3 4 12

小説「新・人間革命」一覧

何千万年も修行してきた方便品の仏達よりも、私達は御本尊を信じて南無妙法蓮華経と、たった一言唱えるのみで、仏になる修行ができてしまうのであります

〈負けじ魂ここにあり わが生命の学園生〉25 東京校 2003~05年度  2019年12月28日

ゆえに、役職等が安易に通用しない外交戦を重ねることが不可欠の修行となる。 地道な弘教、家庭指導をしていない人は、どんなに組織の表面で華やかに目立っていようとも、やがて人々の信頼を失っていくであろう。

この妙なる調和体が、われわれの生命であり、その本来の働きを作動させ、躍動の生命としていく本源力が南無妙法蓮華経なのである。

題目を唱え、勇敢に行動に打って出る時、国土世間もダイナミックに揺り動かして、幸福の方向へ、希望の方向へ、勝利の方向へ、どんな課題も打開できないわけがありません。

唱題はあらゆる苦しみを、すべて希望の前進へのエネルギーへと転じていく。わかってみれば、悩みは、幸福に不可欠の糧でさえある。

「寄らば大樹」の人生なのか。自ら「大樹」を育てる人生なのか。 他人の労苦の「結実」をあてにして生きる安逸の人生か。

人生は信の上に立つといってよい。この基礎がぐらつくならば、不安この上ないものとなる。したがって、問題は信ずるか信じないかの問題ではなくて、何を信ずるべきかである

法華経の結経である普賢経には「一切の業障海は、皆妄想より生ず 若し懺悔せんと欲せば 端座して実相を思え 衆罪は霜露の如し 慧日能く消除す」とある。

妙法のみは、生活法の原理であり、好むと好まざるとにかかわらず、あらゆる人々が絶対必要とする法理なのである。聞く、聞かない、という相対的な法則では決してない。

妥協、油断、この内なる敵こそが壁の正体と言ってよい。それを打ち破っていくのは、朗々たる祈り、懸命な行動である。

題目の力はすごい。無限である。妙法は宇宙の根本の法であり、題目は生命の根源のリズムである。広布をめざし、題目を朗々と唱えゆくところ、生命の威光勢力は無量に高まり、無辺に広がっていく。

統一地方選挙山口代表第一声

ある日、勤行をしていると、耳からパチンと音が鳴って、ガーという音が聞こえてきたのさ。

どんなに美辞麗句を並べても、現実に証拠の出ないような宗教に誰が魅力を感じてついてくるでしょうか。

本日の御書3696

創価学会はどうやってできたの?

明日13日 FMヨコハマ内のコーナー「今日の街声~さやかに聞く~」に出演します。

〈小説「新・人間革命」〉 誓願 百三十九 2018年9月8日

〈小説「新・人間革命」〉 誓願 百三十九 2018年9月8日

〈小説「新・人間革命」〉 誓願 百三十八 2018年9月7日

〈小説「新・人間革命」〉 誓願 百三十八 2018年9月7日

1 2 3 4 12