スポンサーリンク
池田先生ご指導

恋愛は、ある意味で「ブレーキのない車」に乗ってしまうような面がある。 だから女性は毅然としていなければならない。

恋愛は、ある意味で「ブレーキのない車」に乗ってしまうような面がある。
だから女性は毅然としていなければならない。
女性には自分を守る権利がある。
その気持ちがわからない男性であれば、相手にする価値もない。
———–
恋愛によって、一人の人を愛することができ、その愛情が真実であるならば、生涯の苦楽を共にする結婚への道を進むことが、至当であるといえよう。
恋愛は、幸福な結婚への真実をためす試練の行為と考えていきたい。
———–
素晴らしい恋愛は、誠実で成熟した「自立した個人」の間にこそ生まれる。
だからこそ自分を磨くことが大切なのだ。
本当の愛情は、もたれ合いではない。
本当の恋愛をするなら、本気で自分をつくるのだ。
恋愛は、幸福な結婚への真実をためす試練の行為と考えていきたい。
———–