スポンサーリンク
池田先生ご指導

大聖人は「一心の妙用」と仰せです。御本尊を信じる「一心」、そこに不思議にして偉大なる力、働きが出る。わが胸の「一心」という根本のエンジンが動き出せば、ただちに三千諸法の歯車も動き出す。全部、変わっていく。

大変な時ほど宿命転換ができる。 苦しい時こそ人間革命ができる。 いかなる苦難があろうと必ず最後は転換できる。 この大確信に生き抜いていくのが日蓮仏法の信心であります。


仏の「大いなる境涯」に包まれた時に、自身も、周囲の人々も、そして国土も、すべて幸福と希望の光に輝いていく。それが「事の一念三千」の南無妙法蓮華経の力です。すなわち、ここにはダイナミックな「変革の原理」が説かれているのです。


大聖人は「一心の妙用」と仰せです。御本尊を信じる「一心」、そこに不思議にして偉大なる力、働きが出る。わが胸の「一心」という根本のエンジンが動き出せば、ただちに三千諸法の歯車も動き出す。全部、変わっていく。善の方向へ、希望の方向へと動かしていけるのです。


「自身」が変われば「世界」が変わる。 「我が一念の変革」がすべての変革の鍵なのです。 それが人間革命です。

  1. 池田和義 より:

    何があろうとも自分の心を師とせず御本尊を信じきって広宣流布の戦いに邁進する決意であります