スポンサーリンク
本日の御書

本日の御書 仏法と申すは道理なり道理と申すは主に勝つ物なり

本文】
仏法と申すは道理なり道理と申すは主に勝つ物なり(四条金吾殿返事p1169)

【通解】
仏法というは道理をもととしています。道理というもは主君持つ権力にも必ず勝てるです。

【先生指導から】
仏法を持たもった私どもは、最も道理をわきまえた、最高に良識豊かな人でなければならない。
自分近隣はもちろん、大勢人が集う会館地域方々にはとくに、こまやかな配慮と礼儀が絶対に必要である。出会った時、さわやかなあいさつ。ご迷惑をかけたり不安を与えたりしない細心心配り。それらをていねいに積み重ねてこそ、仏法へ共感思いも広げていくことができる。また真実意味で、会館が″地域城″になることができる。
どこまでも人間同士信頼感が根本である。独善的であってはならない。「信仰している人たちは、さすがである」と、人々が安心し、称賛しゆくところに、事実上で、地域広布れもできあがっていくことを忘れないでいただきたい。
反対に、お会いしても、会釈一つもせず、夜遅くまで大きな声をたてたり、早朝や深夜電話音、出入り音、車やバイク騒音などで、いやな思いを与えていたでは、もはや社会規範に反するといわざるをえない。また路上でおしゃべりや、タバコ吸いガラなども注意しなければならない。
たとえ、どんな立派なことを言い、また価値ある運動をしたとしても、むしろ人々は、そうした身近な振る舞いほうで判断するもである。これは日本においても、各国においても同様である。これまで、ずいぶんそうした面で、広布前進が遅れた場合があった。
仏法「経」字には、広くいえば、一切衆生生命表現、すなわち私ども一切言動という意義が含まれている。誰もが自分「言葉づかい」「振る舞い」によって、それぞれ経を読んでいるである。
南無妙法蓮華経は最高「経」である。ゆえに無上経を持った私ども言語・行動も最高へと洗練され、磨かれていかねばならない。