池田先生ご指導

日蓮大聖人の仏法は冥益が柱であることは頭でわかっていても、たまたま障害、困難、一時的な悪い結果にぶつかると、不信を起こす人はいないか。その原因は、仏力・法力が小さいからでも、他の人が悪いからでも、けっしてない。原因を自身の内に見抜くことを、仏法は教えていることを忘れてはならない。

スポンサーリンク

難とは過去世の悪業が引き起こしたもの。この迫害を堪え忍び、弘教に励んで、その罪業を消し終わって、ついに成仏した不軽の姿を見る時、仏道修行とは障魔との戦いだといっても、帰するところ、自身の先業との戦いであることが明確にわかる。
日蓮大聖人の仏法は冥益が柱であることは頭でわかっていても、たまたま障害、困難、一時的な悪い結果にぶつかると、不信を起こす人はいないか。その原因は、仏力・法力が小さいからでも、他の人が悪いからでも、けっしてない。原因を自身の内に見抜くことを、仏法は教えていることを忘れてはならない。
過去世の宿業が本源の因。強い信心で進む時、初めて重い宿業も転じて軽く消していける。ただ、その宿業が消えんとして現れるのが、大小の難であるにすぎない。
妙法とは宇宙根源の法です。その法と冥合した場合には、功徳に満ちた境涯を得、それに逆行すれば、マイナスの結果が出るのは当然です。
最初はそれとわからないものだろう。だが、そこに一つの生命の波動が生じ、一定のリズムが脈打ち始めることは、どうしょうもない事実なのだ。
だから、私たちは地道に、水の流れるがごとく、信仰していくことが大切。初めは、思い通りにならないこともあるだろう。一体、諸天善神は何をしているのだろうと、情けなくなる場合もあるかもしれない。だが、負けてはならない。最後は勝つとの確信で、十年、二十年後を目指し、着実に前進することだ。すでに成仏への軌道に入っている。