スポンサーリンク
池田先生ご指導

信心をしている人は多くても、「本物の信心」をしている人は少ない。生半可な惰性の信心では、成仏できません。

「祈りとして叶わざるなし」の妙法である。全身全霊で祈りをぶつけていけばよい。なかんずく広宣流布のため、異体同心で祈り抜き、祈り切る。 その時、十方にあまねく諸天が動き、護る。豁然として活路が開かれる。叶わぬ祈りは絶対にないのだ。


祈りーそれは、あきらめない勇気だ。自分には無理だとうなだれる惰弱さを叩き出す戦いだ。 現状は変えられる!必ず! 確信を命の底に刻み込む作業だ。祈りーそれは恐怖の破壊なのだ。悲哀の追放なのだ。希望の点火なのだ。運命のシナリオを書きかえる革命なのだ。


「我等、妙法の力用に依って即蓮祖大聖人と顕るるなり」 広布のために不惜身命で戦う人は、偉大なる仏の生命が我が身に涌現するとの仰せである。なんと素晴らしいお言葉であろうか。大聖人に等しい力が湧き上がる。ならば、いかなる困難にも負けるわけがない。


御本尊はいわば大宇宙に開かれた生命の窓です。題目は、宇宙のあらゆる仏界を呼び起こす合言葉といえる。宇宙の善の力を全て味方にしていくのだから、これほど強いことはないんだよ。これは、戸田先生の弟子として世界に仏法を弘めてきた私の人生の確信です。


南無妙法蓮華経が、仏の生命の名前だからです。皆もそれぞれ名前を持っています。「○○さん」と呼ばれれば「はい」と言って振り向くよね?同じように南無妙法蓮華経と唱える事で自分の中から仏界の生命が呼ばれて「はい!」と元気良く出てくるんだ。


どんな悩みも全部、題目によって自分のガソリンに変わる。生命力に変わる。人間性に変わる。福運に変わるのです。だから大いに悩み、大いに題目をあげきって、成長していけばよいのです。


日々題目をあげていることは、毎日、生命をダイヤモンドにする注射を打っているようなものだ。


心配することはない。たとえ脳の記憶が消えたとしても、生命に刻まれた福徳は消えない。広布に尽くした功労は永遠に消えないのです。


実証といい、人間革命と言っても並大抵のことではない。信心をしている人は多くても、「本物の信心」をしている人は少ない。生半可な惰性の信心では、成仏できません。自分勝手なわがままな仏道修行などない。「広宣流布一筋に」信心し抜いてこそ宿命転換ができる。