池田先生ご指導

『健康になる』『丈夫になる』、そして『広宣流布のために生き生きと働く』――こう決めた瞬間から、生命はその方向へ動き始める。

「仏の功徳とは、根本的には『生命力』です。『生き抜く力』です。私たちは日々、御本尊からこの無量の生命力をいただいている」


「『健康になる』『丈夫になる』、そして『広宣流布のために生き生きと働く』――こう決めた瞬間から、生命はその方向へ動き始める。心を決めること――『決心の力』がどれほど大きいかを戸田先生は身をもって教えてくださっている。『一念』の力は、計り知れない」


「凡夫の常として、健康なときよりも、病気を機に発心して、信心が強盛になり、もっと本源的に宿命を転換していく場合が多い。そうであれば、病気になったとしても、いたずらに悲観することもなければ、まして御本尊を疑うことなど、考え違いと言わざるを得ない。病気が縁となって、信心が強盛となり、やがて健康になっていくならば、その病気は、『一生成仏』『人間革命』につながるエンジンにたとえることもできよう」

  1. 林秀人 より:

    がんばります。