池田先生ご指導

福運を積むために、労苦の仏道修行はある。しかし、福運は、積まれると、あふれるように出てくるものである。 それは、いったん宝の箱を開けることができれば、そこから無量の宝物を取り出せることにも似ている。

日蓮大聖人門下の、南無妙法蓮華経と唱え奉る者はこれ以上はないという宝の集まりを求めることなく、自ずから得た長者なのである。
ゆえに、この大法を持った皆さま方は、すでにどんな大富豪よりも豊かな「生命の大長者」なのである。
この世のいかなる富も死後まで持っていくことはできない。しかし「生命の大長者」は
、宇宙大の財宝を自由に使いながら、永遠に「幸」の旅行をしていける。それが人生の勝利者の証なのである。福運を積むために、労苦の仏道修行はある。しかし、福運は、積まれると、あふれるように出てくるものである。
それは、いったん宝の箱を開けることができれば、そこから無量の宝物を取り出せることにも似ている。
ゆえに絶対退転してはならない。魔に負けてはならない。それは「仏種」という「福徳のなる木」を失い、自ら破壊することになる。

  1. 笠井輝夫 より:

    生命の大長者になる分岐点迄、負けない心で、登ることですね。

    日々生活の中で、いろいろな困難がありますが、お題目、胸中唱題の継続で、自己の弱い心の壁をぶち破る、日々の努力積み重ねを断じてやりきると決めました。

    最大の敵は弱気心の己なり、自己変革の闘争を開始します。