大白蓮華巻頭言

大白蓮華 巻頭言   2018年5月号   2018年(平成30年)5月号(No.823)

日々、「創価の母の日」であれ
池田大作

雨が降ろうが、風が吹こうが、太陽は必ず昇る。 広宣の太陽たる母たちもまた、決してたゆまない。
「法華経」では、一人のために、たとえ一句でも正法を語れば、それは「如来の事」、すなわち「仏の仕事」であると明かされている。
「御義口伝」では、この仏の語らいの意義を――
第一に、「柔和忍辱」の衣(ころも)を着て行われる。
第二に、「不惜身命」の修行である。
第三に、「母の子を思うが如くなり」と、明快に示されている。(737ページ)
御本尊の仰せ通りに、聡明忍耐心と恐れなき勇気、そして大いなる母の慈悲で妙法を弘め、幸と平和の陽光を放ってきたのが、偉大な婦人部である。

自も言うに言われぬ苦労を抱えながら、悩める友に題目を送り、一緒に勇んで乗り越えゆく創価の母たちの心は、「如来の心」そのものである。
気取らず飾らず、ありのままの笑類で皆を励まし続ける創価の母たちの振る舞いは、まぎれもなく 「仏の振る舞い」ではないか。
婦人部あればこそ、学会家族は明るく温かい。
婦人部あればこそ、広宣流布は限りなく進む。
婦人部あればこそ、令法久法は行き詰まらない。
我らの元朝たる5月の3日は「創価学会母の日」 だ。尽きせぬ感謝を捧げゆくとともに、仏に等しい母たち女性たちが無量無辺の福徳に包れるよう、 皆で祈り、広布の誓願を新たにする日なのである。

太陽の
母のスクラム
不退なリ
常楽我浄と
光風かおらせ

日蓮大聖人は、女性の門下たちに繰り返し、「常によりあひて御覧あるべく候」(1114ページ)、「同心なれば此の文を人して人によませて・きこしめせ」 (1324ページ)等と呼び掛けておられた。
小人数で集まり、仏法を学び、行じ、仏性を輝かせ 合って前進する――。 今、日本中、世界中で花咲く婦人部のグループをはじめ草の根の語らいは、何と深く大聖人のお心に連なった宝の会座であろうか。
「耳にふれぬれば是を種として必ず仏になるなり」 (552ページ)と仰せの如く、幸福の種が広がるのだ。
私の妻も、時間を見つけては懇談や小さな会合に飛び込んできた。一人ひとり、さまざまな現実の課題から断じて逃げずに奮闘する地涌の宝友である。

戸田先生の御指導を踏まえて、妻が折々に同志と語り合ってきたことがある。断崖絶壁に立って”もう一歩も退かない”と決めた時から、「宿命」 は「使命」に変わり始めるということである。
この「人間革命」の朗らかな逆転劇を生み出して いく大地が、創価の励ましのネットワークだ。誰一人として孤立させない、仲良く賑やかな女性のスクラムこそ、家庭も地域も社会も蘇生させゆくオアシスであろう。世界平和の希望の源泉も、ここにある。
「母の恩の深き事 大海還って浅し」(1527ページ)
けなげな母たちを思えば、大海原の如く大生命力が湧いてくる。我らは日々、「創価の母の日」と決めて、太陽と共に今日も元気に前進だ!

Translate »