スポンサーリンク
本日の御書

本日の御書 又若しやの事候はばくらき闇に月の出づるが如く妙法蓮華経の五字月と露れさせ給うべし、其の月の中には釈迦仏十方の諸仏乃至前に立たせ給ひし御子息の露れさせ給ふべしと思し召せ 浄蔵浄眼御消息p1397

【御書本文】
又若しやの事候はばくらき闇に月の出づるが如く妙法蓮華経の五字月と露れさせ給うべし、其の月の中には釈迦仏十方の諸仏乃至前に立たせ給ひし御子息の露れさせ給ふべしと思し召せ
浄蔵浄眼御消息p1397

【通解】
あなた方に、もしものことがあるならば、暗い闇夜に月が出るように、妙法蓮華経の五字が月となって現れ、あなた方の行く手を照らすでしょう。そして、その月のなかには、釈迦仏・十方の諸仏はもとより、先立たれたご子息も現れて、あなた方を導いていかれることを確信してください。

【先生の指導から】
妙法に結ばれた生命は、生死を超えて、ともどもに、たがいに、励まし合い、護り合い、導き合って、絶対の幸福と勝利の軌道を進んでいくのである。
妙法の世界には悲嘆もなければ、悲観もない。妙法を行ずる家族は、何があっても「常楽我浄」の月光に包まれていく。そして、その足跡が、あとに続く人々に、計り知れない希望と勇気を送っていくのである。