スポンサーリンク
池田先生ご指導

大聖人は同志間で悪口を言い合うことを厳しく戒められている。「不本意なことがあっても、見ず、聞かず、言わずで仲良くしていきなさい」(御書278ページ、通解)

大聖人は同志間で悪口を言い合うことを厳しく戒められている。
「心に合わないことがあっても語り合っていきなさい」(御書1172、ページ通解)
「少々の過失は見逃してあげなさい」(御書1176ページ、通解)
「不本意なことがあっても、見ず、聞かず、言わずで仲良くしていきなさい」(御書278ページ、通解)