スポンサーリンク
池田先生ご指導

「戦えば戦うほど、こちらが強くなればなるほど、仏法勝負の実証は早く出てくる」

邪悪ヘこの攻撃精神をもて!
あの熱原の法難の渦中、日蓮大聖人は、日興上人をはじめ門下に仰せになられた。
「あなた方は、恐れてはならない。いよいよ強く進んでいくならば、必ず、正しい経緯が明らかになると思います」(御書1455㌻、通解)
この法難は、幕府の強大な権力者・平左衛門尉による大聖人門下への、狂いに狂った迫害であった。日興上人等とともに熱原の農民の弟子たちは、讒言や謀略などに一歩も退かず立ち向かって、戦い抜いた。
大聖人は、本抄だけでなく、常に、門下たちに「少しも恐れてはならない。強く強く戦い抜け! そうすれば必ず仏になる。正邪は明らかになる」と打ち込んでいかれたのである。
この何ものをも恐れない「師子王の心」に、寸分違わず行動されたのが、創価の父・牧口先生であり、戸田先生であられた。
牧口先生は言われた。「戦えば戦うほど、こちらが強くなればなるほど、仏法勝負の実証は早く出てくる」
戸田先生も、繰り返し叫ばれた。
「折伏精神以外に信心はないと、覚悟することだ」
「折伏の『折る』というのは、悪い心を折る。そして折伏の『伏する』ということは、善い心に伏せしめるということだ」
さらにまた、戸田先生は、次のように徹して教えていかれた。
「悪に対する反撃の根性を持て!」
「信心とは、邪悪への攻撃精神である」
この攻撃精神で戦い抜いてきたゆえに、学会は、世法や国法においても、そして仏法の上でも、正義の勝利を燦然と刻んできたのである。
2009.5.3 東京牧口記念会館 5・3記念代表者会議