池田先生ご指導

人間は、自らの一念が後退する時、立ちはだかる障害のみが大きく見えるものである。そして、それが動かざる“現実”であると思い込んでしまう。実は、そこにこそ、敗北があるのだ。いわば、広宣流布の勝敗の鍵は、己心に巣くう臆病との戦いにあるといってよい。

人生の戦いも、広布の活動も、すべては強き決意の一念によって決まる。
敗北の原因も、障害や状況の厳しさにあるのではない。自己自身の一念の後退、挫折にこそある。


人間は、自らの一念が後退する時、立ちはだかる障害のみが大きく見えるものである。そして、それが動かざる“現実”であると思い込んでしまう。実は、そこにこそ、敗北があるのだ。いわば、広宣流布の勝敗の鍵は、己心に巣くう臆病との戦いにあるといってよい。
伸一は今、一人ひとりの一念の変革を成そうとしていた。人間革命といっても、そこに始まるからである。

Translate »