虚勢ゆえに、決して心が落ちつくことはない。常に焦っており、常に気持ちが、目まぐるしく動いている。そして、自分の気ままに従わない者に対しては、脅威を感じ、力をもって抑圧し、自由を「奪う。

シェアする

虚勢ゆえに、決して心が落ちつくことはない。常に焦っており、常に気持ちが、目まぐるしく動いている。そして、自分の気ままに従わない者に対しては、脅威を感じ、力をもって抑圧し、自由を「奪う。そのためには、手段を選ばない。なんだかんだと因縁をつけ、無実の罪を着せる。人を「切る」。いじめる。弾圧する。
しかし、人を押さえたつもりで、奪われているのは他でもない。自分自身の自由であり、尊厳なのである。