池田先生ご指導

ゆえに清浄無垢な信心の一念であればあるほど、御本尊との感応は早く、深くなるのである。ここに信心のあり方の極理があり、大聖人の仏法の正しき実践があることを忘れてはならない。

無垢な人の一念による祈りや、強い純粋な婦人の一念による祈念が、御本尊に通じる例は、信心の体験のなかでよく知られている。
御本尊は仏界の当体であられ、これほど清浄無比な当休はない。ゆえに清浄無垢な信心の一念であればあるほど、御本尊との感応は早く、深くなるのである。ここに信心のあり方の極理があり、大聖人の仏法の正しき実践があることを忘れてはならない。

コメント