池田先生ご指導

一念の生命のなかに、常寂光の都もあれば、幸不幸のすべても含まれている。

スポンサーリンク

一念の生命のなかに、常寂光の都もあれば、幸不幸のすべても含まれている。宿命に流されて嘆くのも自分自身の一念であれば、それを乗り越えてすばらしき希望と建設へ進んでいくのも自分自身の一念である。

コメント