すると宇宙生命と自分の生命が融合して、素晴らしい境涯をどんどん作り出してくれるのです。だから、願い事を順番に書いたら、その立派な家の写真も切り取って、その上に自分や家族の写真を貼って、絶対にこういう境涯になろうと強く思って題目を上げるのです。

シェアする

朝晩の勤行の時に、まず真剣に願いをかけるのです。自分が願いたいことを順番に紙に書いて、勤行の後の題目の時に、一つずつ自分の生命に叩きこむように真剣に願うのです。
例えて言うなら、今主人の給料が三十万円から、どうか七十万円にして下さい。自分の小遣いが十万円くらいは軽く使えるような境涯になれますようにと叶えて下さい、ではなく「必ずそうなるのだ」と心に強く思って下さい。そうすると、思った事が頭から入って、自分の生命に働きかけて又、その生命が宇宙に働きかけて、願った事がどんどん叶う方向に進んで行くのです。
例えば雑誌などで素晴らしい家の写真など見て「いいな、一度こんな家に住んでみたいな。でも私は宿業が深いからあかんな。いつまでたってもこんな境涯にならへんわ」と思った瞬間、あかん、ならへん、という気持ちの方が強いため、その思いが又、自分の生命から宇宙に働きかけて凄い勢いでダメな方向に向いていくんです。宇宙と生命は一体だから良い事にせよ悪い事にせよ、自分の心に強く思った事は、全部宇宙全体に広がって、そういう色んな縁をどんどん作っていくのです。だから、素晴らしい家だな、と思ったら「住んでみたいな」ではなく「よし、自分も必ずこんな家に住める境涯になろう、なってみせる」と強く強く思うんです。その素晴らしい境涯を、しっかり生命に叩き込んで題目を唱えるのです。すると宇宙生命と自分の生命が融合して、素晴らしい境涯をどんどん作り出してくれるのです。だから、願い事を順番に書いたら、その立派な家の写真も切り取って、その上に自分や家族の写真を貼って、絶対にこういう境涯になろうと強く思って題目を上げるのです。「必ず叶います」それ程凄い御本尊様なのです。自分の願い方でどんな事でも叶わない事などないのです。願いが叶わないのは、願っている事が希望になってしまっているからです。家の中でも家族の人達と決して喧嘩してはいけません。色々つまらない不満が、宇宙全体に働きかけて、いつまでたっても一家和楽の幸せな家庭など望めないからです。明日の朝からは勤行一字一字胸に刻み込むようにして行って下さい。自分が宿命転換出来るのに一番大切な事は勤行なのですから絶対他の事など考えながらしないように、一日でも早く宿命転換して最高の幸福境涯をつくって下さい。
[ad]