池田先生ご指導

信心指導も、すべて自分のためである。例えば「退転させまい」。この強い一念と祈りの激励は、実は自身の生命に「自分は永遠に退転しない」という楔を打ち込んでいるのである。また、信心は「一生」である。そして「三世」である。

スポンサーリンク

信心指導も、すべて自分のためである。例えば「退転させまい」。この強い一念と祈りの激励は、実は自身の生命に「自分は永遠に退転しない」という楔を打ち込んでいるのである。また、信心は「一生」である。そして「三世」である。
———————–
すっきりと、勇んで行動する信心が、功徳をわかせる。 臆病や、怨嫉、文句、策の信心では、諸天も動かない。
———————–
御本尊に向かう信心の姿勢が、そのまま御本尊に映り、結果として生活に映し出される。信心の心が強く、清らかであれば、御本尊の鏡に映し出されてその心のままに、諸天は動き、人生は幸福になっていく。

コメント