石を打つとき、力が弱ければ火は出ない。 信弱く、強き祈りのない形式的な唱題には、所願の成就はないのである。

日蓮大聖人は、われわれの生命のなかには、無限なる福運も、偉大なる生命力も存在すると仰せである。
ふだんは、それらは冥伏して、知ることができないかもしれない。
だが石と石を打てば火が出るように、御本尊に題目を唱えるとき、境智冥合の御本尊の功力によって、わが生命から最高にして無限の力が現れてくる。
これが人界所具の仏界の涌現なのである。
石を打つとき、力が弱ければ火は出ない。
信弱く、強き祈りのない形式的な唱題には、所願の成就はないのである。

皆様のコメント全部はこちら