池田先生ご指導

過去世に謗法のないものが折伏に行くと、反対した相手に、すぐ罰が出る。謗法したものは、折伏しても、相手になかなか罰が出ない。しかし、反対され、悪口を言われて、自分の謗法の罪が消えるのである。

初信の功徳は、山へ登ることであり、成仏は、それよりも高い山へ登のであって、これは世法のご利益を得るのではない。
低い山から最高の山へ登る中間には、かならず谷があり、この谷に、みなさんは迷う。これこそ鬼子母神、十羅刹、魔王の試練で、初信の者は、これに驚き負けてしまう。この第六天の魔王の試練の罰に負けてはならない。谷へ落ちたとき、これでなるものかと、最高の山へ登るためにいちど谷へ落ちたことを信じ。よくよく小山より大山へ登る谷へ、考えをいたさなければならない。
これこそ、三障四魔が紛然として競い起こったのであり、初信の功徳に酔うべきではなく、谷間への信心であることを深く考えて、毎日の信心を怠ってはならない。


過去世に謗法のないものが折伏に行くと、反対した相手に、すぐ罰が出る。謗法したものは、折伏しても、相手になかなか罰が出ない。しかし、反対され、悪口を言われて、自分の謗法の罪が消えるのである。
つぎに、入信するときも、謗法のなかったものは、すぐに入る。謗法のあるものは、その程度によって、入信まで日数がかかる。法力・仏力を示すために、初信の功徳が現れるが、その後がたいへんなのである。過去に謗法のなかったものは、その調子でずんずん良くなる。反対に、謗法のあったものは、それを消すために、いろいろな事件が起こる、このときこそ大切なときなのである。
この魔に負けたら、成仏できないのである。
四魔のなかで天子魔というのは、信仰をやめなければならぬようにするのである。このときが、大利益を得るか、いなかのせとぎわなのいである。
このことは、ふだんこうして話しているときはわかるが、いざ、自分が問題につき当たったときは忘れてしまう。


 

Translate »