御書と歩む

〈御書と歩むⅡ――池田先生が贈る指針〉35 2018年9月19日 三世永遠に福徳の旅路を

スポンサーリンク
三世永遠に福徳の旅路を
  • 御 文
  • 今一乗妙法蓮華経の御宝前に備へ奉りて南無妙法蓮華経と只一遍唱えまいらせ候い畢んぬ、いとをしみの御子を霊山浄土へ決定無有疑と送りまいらせんがためなり(新池殿御消息、1435ページ) 
  • 通 解
  • (お送りいただいた白米を)さっそく一乗妙法蓮華経(御本尊)の御宝前に供えて、南無妙法蓮華経と、ただ一遍唱えました。亡くなられた最愛のお子さんを、「成仏は決定して疑いない」との経文通りに、霊山浄土へとお送りするためである。
同志への指針

 題目の力は計り知れない。ただ一遍でも縁する生命を成仏へ導く大功徳があると、御本仏は示されている。
 最愛の家族との別れは悲しい。しかし、生死を超えて妙法で結ばれている。霊山浄土はいずこにあるか。唱題し、広布に励む家族の胸の中にある。常に一緒である。
 三世永遠に「生も歓喜、死も歓喜」の境涯で、常楽我浄の旅路を共に歩みゆくのだ。