池田先生ご指導

一番伝えたいことは、「心ひとつで、どうにでもなる」という事を教えたい。 不況の空の上にも『諸天善神』はいる。「天まで届く題目」をあげれば、必ず「食」と「健康」を得る。

80歳を越えたら、仏法で説く「不老不死の事」、永遠に広布の指揮を執る。
私に残されているのは、あと数年。「急げ!急げ!急げ!」との思いだ。
今、遺言と思って、数々の著作を書いている。
一番伝えたいことは、「心ひとつで、どうにでもなる」という事を教えたい。
不況の空の上にも『諸天善神』はいる。「天まで届く題目」をあげれば、必ず「食」と「健康」を得る。私は心に福運をつけて、一切を開いてきた。
昭和25年、戸田先生と東京駅前の丸ビルを見て、先生が「大ちゃん、ああいうビルを学会も建てたいな」と言われた時、私は「必ず、造ります」と言ったんだ。しかし、ポケットの中には「10円玉」が一つだけしかなかった。
戸田先生が事業の倒産の時だった。仕事の残務処理で頑張っていた時、戸田先生から「大作は本当によくやってくれているな。勲章をあげよう」と言われ、花瓶にあった花を胸のポケットに挿してくれた事があった。
みんなは笑っていたが、私は家に戻った時、御宝前に、その花をあげて、題目をあげた。
そして「これは、私が世界中から勲章をいただく瑞相だ」と思った。(今では)
その通りになった。
信心は算数ではないんだ。
「なんで、こんな給料で生活ができるんだ」と思ってもできてしまう。
それが、「秘術」なんだ。心を磁石にするんだ。何万ボルトの磁石にして、欲しいものを、宇宙から集めるんだ。「さいわいを万里の外よりあつむべし」なんだ。

  1. 井上正樹 より:

    今晩は。時々貴ブログを拝見させて頂いております。「不況の空の下にも諸天善神はいる」とのご指導の出典を教えて下さいませんでしょうか。
    私は宮崎県で地区部長をさせていただいております井上正樹と申し上げます。ご多忙と存じますがどうぞよろしくお願い致します。全集でも結構です。spaspaspa75@gmail.com

Translate »