聖教ニュース

諸精霊追善勤行法要 2018年8月4日 今月10~16日各地の墓園で

今月10~16日各地の墓園で
墓地公園・納骨堂の連絡先

 全国の創価学会の墓地公園・納骨堂では、今月10日(金)から16日(木)まで毎日、開園し、「諸精霊追善勤行法要」が行われる。
墓園の開園時間は午前9時から午後5時まで。納骨堂は午前10時から午後4時まで。それぞれ、納骨も受け付ける。
法要では、厳粛に勤行・唱題、焼香を行い、広宣流布の途上で亡くなった家族や同志、友人、先祖代々の安穏と福徳を心から祈念し、追善する。
池田先生は、「追善回向」について、次のようにつづっている。
「学会の勤行法要は、まさに大聖人の仰せ通りの追善の儀式である。そして参列する人が平等に祈願する場であり、皆が生命に刻んできた大功力を回向する場である。妙法の大功徳の音声が、力強く大宇宙に遍満しゆく壮大な会座である。
さらに学会の勤行法要では、故人の追善とともに、互いに広宣流布を決意し合う誓願の題目が唱えられている。その題目の福徳で、各人の『宿命転換』と『人間革命』がいやまして進んでいくのだ。
題目は、亡くなった方だけでなく、共に生きゆく人びとにも回向される」
お盆の勤行法要は、故人をしのびつつ、一人一人が、さらなる広布前進の決意を固める機会となろう。

業務時間、法要の時間帯、納骨の申し込みなどの詳細については各墓園・納骨堂に、お問い合わせください(連絡先を別掲)。

Translate »