池田先生ご指導

思うように 学会活動ができない時もあるかもしれない。 しかし、そこにも「本迹」はある。

どんな状況になっても、広布の使命を
果たし抜こうとの決意があれば「本」です。
環境に負け、信心を失って、
使命を忘れてしまうならば、「迹」になる。
「本」と「迹」はある意味で、
ほんのわずかな差といえるし、
一念の問題だけに、
外からはわからないこともある。しかし、
仏法の眼で見れば、全ては明らかであるし、
天地雲泥の差となる。
「本迹」を個人の一念に要約していえば、
「本」とは原点であり、広宣流布への一念です。
また、前進、挑戦の心です。
「迹」とは惰性であり、妥協、後退です。
自分は今、広布のために、
人間革命のために生きているのか、
一念は定まっているのか────
それを見極めていくことが、私たちにとって
「本迹」を立て分けていくということになるし
その人が最後の勝利者になっていく。
ゆえに、「本迹 」といっても、
この瞬間瞬間が勝負であり、
自分のいる現実が仏道修行の道場となる。

 

Translate »