池田先生ご指導

池田先生ご指導

「雑念がわいて、題目に集中できない」といって、自分を責める必要もない。祈っている時に浮かんでくることは、そのときの自分にとっての問題なんだから、ありのままの自分をぶつけていけばいいのです。

0
池田先生ご指導

怨嫉の気持ちが起きたならば、御本尊に題目をあげて「小さな心のわだかまりを消してください。私はもっともっと崇高なる広宣流布という目的にふさわしい前進をさせてください!」

0
池田先生ご指導

嫌いな人、苦手な人、憎たらしい人、そういう人の事も祈ってあげるんです。始めは難しいかもしれない。できないかもしれない。

0
スポンサーリンク
池田先生ご指導

今世において一生成仏すれば、三世永遠に「所願満足」の生命の〝大空〟を、悠々と羽ばたいていくことができる。これが仏法の法理であり、生命のリズムなのである。』

0
池田先生ご指導

「自分自身が南無妙法蓮華経だと決めることだ!」 いかなる無明をも断破する、信心の利剣の結晶ともいうべき一言であると確信しています。

0
池田先生ご指導

「歓喜の中の大歓喜」とは、わが生命のうちに築き上げた金剛の境涯である。大宇宙を貫く常住不滅の法にのっとった妙法の世界にのみ、永遠の幸福はある。』

0
池田先生ご指導

信心はいよいよの心が大切である。 過去にどれほど強盛な信心をしてきたとしても、現在の一念が惰性になったり、信心が弱くなれば、過去に積んだ福運も次第に消えていってしまう。

0
池田先生ご指導

しかしあえて強気で進むのである。 「次は必ず勝ってみせる!」「必ず健康になって生きぬいてみせる!」 こう自分で強く決意できた時には既に勝っている。

0
池田先生ご指導

本当の信心の功徳とは、すぐに目に見える顕益ではなく、 地道な信心に挑み続ける中で得られる冥益である。

0
池田先生ご指導

大福運、大境涯を開くために、題目をあげて、あげて、あげきって頂きたいことをお願い申し上げるものであります。

0
池田先生ご指導

たとえば、話は下手でも真剣勝負で広布へ戦う。どんなところでも、真面目に誠実に戦う。その人が学会っ子であり、大事な人材なんだ。

0
池田先生ご指導

死の瞬間の自分自身が、その後もずっと続くのです。だから、生きている間に、生命を「仏界」へと引き上げておきなさいと仏教は説く。

0
スポンサーリンク