1 2 3 4 64

池田先生ご指導一覧

全身全霊で祈りをぶつけていけばよい。なかんずく広宣流布のため、異体同心で祈り抜き、祈り切る。 その時、十方にあまねく諸天が動き、護る。豁然として活路が開かれる。叶わぬ祈りは絶対にないのだ。

全身全霊で祈りをぶつけていけばよい。なかんずく広宣流布のため、異体同心で祈り抜き、祈り切る。 その時、十方にあまねく諸天が動き、護る。豁然として活路が開かれる。叶わぬ祈りは絶対にないのだ。

確信とは一念です。確信とは勇気です。確信とは希望です。確信とは「法華経を信ずる心強きを名づけて仏界と為す」と日寛上人の仰せの通り仏界そのものなのです。

確信とは一念です。確信とは勇気です。確信とは希望です。確信とは「法華経を信ずる心強きを名づけて仏界と為す」と日寛上人の仰せの通り仏界そのものなのです。

我々も生活が行き詰まったり、病気や苦しいことにあったなら、その時こそ、仏になれる。人間革命ができる。

我々も生活が行き詰まったり、病気や苦しいことにあったなら、その時こそ、仏になれる。人間革命ができる。

人の言葉は絶対とはいえない、法のみが絶対である。 自己中心にして、人をだまそうと思えば、いくらでもだます言辞をはけるものだ。

人の言葉は絶対とはいえない、法のみが絶対である。 自己中心にして、人をだまそうと思えば、いくらでもだます言辞をはけるものだ。

要するに信心強盛の人は、自身の不幸を見つめながら、豊かな唱題によってすべてを堂々と乗り越えていくものだ。

要するに信心強盛の人は、自身の不幸を見つめながら、豊かな唱題によってすべてを堂々と乗り越えていくものだ。

妙法の大法則に則った信心は、御聖訓にあるごとく表面的にはどうあれ、生命の深層では宿命の転換を進め、功徳の因を確実に刻んでいるのである。

妙法の大法則に則った信心は、御聖訓にあるごとく表面的にはどうあれ、生命の深層では宿命の転換を進め、功徳の因を確実に刻んでいるのである。

御本尊は絶対であられる。ゆえに願いはかならず叶う。 しかしどこまで叶うかは信心の厚薄によることはとうぜんである。

御本尊は絶対であられる。ゆえに願いはかならず叶う。 しかしどこまで叶うかは信心の厚薄によることはとうぜんである。

人間の完成は、物心両面にわたるもので、生命の奥底の「九識心王真如の都」での完成が、最極の完成となる。 そこにたどり着くための仏道修行の完遂、広宣流布への不借の実践の完成、みずからの使命の満足の完結ーーそれらをやりとげることじたいが、人間としての最極の人格の完成となっていくことを忘れてはならない。

人間の完成は、物心両面にわたるもので、生命の奥底の「九識心王真如の都」での完成が、最極の完成となる。 そこにたどり着くための仏道修行の完遂、広宣流布への不借の実践の完成、みずからの使命の満足の完結ーーそれらをやりとげることじたいが、人間としての最極の人格の完成となっていくことを忘れてはならない。

時代の変化は速い。 これまでの常識が、たちまち適用しなくなっていく、当然、広布の推進の上でも、従来にまして、新たな創造への「知恵」が不可欠となる。

時代の変化は速い。 これまでの常識が、たちまち適用しなくなっていく、当然、広布の推進の上でも、従来にまして、新たな創造への「知恵」が不可欠となる。

信心は宿命を打開して、永遠に、身も心も軽くしてくれる。 信心なき苦労は、永遠に重い生命の傾向性をつくってしまうのである。

信心は宿命を打開して、永遠に、身も心も軽くしてくれる。 信心なき苦労は、永遠に重い生命の傾向性をつくってしまうのである。

功徳を受けたときは感謝の心で燃え立つが、いつしかその感謝も忘れ去ってしまう場合が多い。 御本尊への限りなき感謝の信心があれば、功徳はさらにまさるものである。

功徳を受けたときは感謝の心で燃え立つが、いつしかその感謝も忘れ去ってしまう場合が多い。 御本尊への限りなき感謝の信心があれば、功徳はさらにまさるものである。

宇宙も、動植物も、万物が一念三千の当体なのである。その三千の諸相を示しながら、それぞれの使命に生きているわけだ。 そのなかで最高の境涯、究極の目的は、仏界を根源として生きていくことである。

宇宙も、動植物も、万物が一念三千の当体なのである。その三千の諸相を示しながら、それぞれの使命に生きているわけだ。 そのなかで最高の境涯、究極の目的は、仏界を根源として生きていくことである。

一方、南無妙法蓮華経に一度でも縁し、つつまれた生命には、生々世々、成仏への大良薬が働きはじめるのである。

その御本尊に南無しゆくときに、御本尊の絶大な功力により、久遠の仏の生命を開かせていただき、いっさいの過去世からの因果の連鎖を、すべて超克、転換していけるわけである。

自分がわからないからこそ、無理を生じたり、思わぬ破滅を招いたりする。 信心こそ、自分を映し出す鏡を磨く作業である。

信弱きは宿命に負ける。また生きゆく力が弱まるからである。 弱い心であり、生命であった場合は、自分の宿命に流されたり、怨嫉の生命にふり回されたりする。

妙法に「帰命」すれば、自分自身が大宇宙の仏の生命の中に入る。我が身が即、妙法の当体と輝き始める。この秘術を日蓮大聖人は教えてくださっているのである。

法華経の行者として戦い抜く中で、法に背く悪の生命が叩き出され、無明を破ることができるのです。その具体的実践が「悪と戦う」こと、すなわち折伏の実践に他なりません。

それを解き明かそうとして何千何万という哲学者が挑んだ。幾多の宗教が生まれた。結論して言えば「妙法」にしか答えはない。

世間の財宝も、地位も、名誉も決して生命の飾りとはならない。唱題の功徳こそ永遠の生命の財となりゆくのである。

1 2 3 4 64